歯科衛生士の大学はどんなところ?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

歯科衛生士の大学というと多くは短大になります。大学の中に歯科衛生士の学科がある、という所が多いようですね。

高齢者やお子さんの歯の健康を守る、という役割も、歯科衛生士の扱う部分として大きな幅をしめてきました。

スポンサーリンク

沢山の方々の歯を守る為に多様化した歯科の世界を支える為の、歯科についての知識を学ぶ、というカリキュラムになっています。

大学教育と一緒に歯科衛生士の学科を学ぶ、ということで、視野の広い人間として成長のできる、学習ができる、というのが、大学の強みといっていいでしょう。

大学病院の付属学校ともなれば、教授陣も素晴らしい方々が控えています。

その実践指導は経験に基づいたものとなります。

大学という環境の中で歯科衛生士の知識だけでなく、幅広い基礎学習を行い、偏りのない人間形成を目指すのも、大学、という所。

こういった場所で歯科衛生士を目指すのも、後に自分が歯科衛生士となった時の、大きな力となるのではないか?と思います。

また、大学卒業者の歯科衛生士合格率が高い、というのも、やはり大きな目で見た基礎教育あってのこと、と思いますね。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク