歯科衛生士の学校はどんなところ?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

歯科衛生士の学校は専門学校、また、短大に分けられます。

歯科衛生士は、歯科についての専門知識などが必要になりますので、このような養成機関でしっかりと学ぶことになります。

この歯科衛生士の学校では、基礎科目、専門科目を学びます。

スポンサーリンク

各学校によって、そのカリキュラムはそれぞれになりますが、学ぶ内容は同じです。

歯科衛生士になる為に、必要な知識を学ぶことになります。

基礎知識では、心理学や教育学、社会学、といったものを学びます。

この基礎科目以外に、ほかに自分が学びたい、と思う科目を選択できるようになっています。ここで、どのくらい、自分の基礎を磨くことができるか?ということによって、その後の専門科目がきっちりできるかどうか、変わってきますよ。

歯科衛生士の短大や専門学校は、推薦入学と言った制度も設けています。

以前は書類選考のみ、という場合が多かったようですが、今は、学科試験を行うという場合が多くなっているようです。

やはり国公立は難易度が高い、これは通常のことですね。

ですが、各校によって、倍率も大きく変わりますので、自分が歯科衛生士になるために、どの大学に入ることが一番いいのか、しっかり自分で選択していきましょうね。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク