社会福祉士の合格率はどのくらい?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

社会福祉士の試験は、介護や福祉といったことの専門知識、技術を持っているか、という試験になります。

沢山の方々が毎年受験され、社会福祉士となり、社会に貢献しながら働いています。

社会福祉士の試験は通常、1月下旬に筆記試験、3月始めに実地試験という順番で行われます。

平成17年度に行われた試験について、みてみましょう。

スポンサーリンク

受験者数は、41,044名、そのうち合格者は12,241名、合格率にすると29.8%この数字は合格率としてかなり低いほうだと思います。

同じ福祉、医療系の資格である精神保健福祉士の合格率は60%というものです。

これと比べても、かなりの難関だと思いませんか。

安易に取得できる、ということで受けた人が落ちるのは、どうしようもないことですが、しっかり学習しても合格できない、ということはどういうことが?

それは、やはり学習しなければならない知識の範囲が非常に幅広い、ということにあるでしょう。

社会福祉士は、老人介護のこと、障害者のこと、またそういったシステムなど、本当に幅広い知識が必要になります。

しっかりとした学習を行い、必要な知識を頭に入れる事、そして試験に臨むことです。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク