社会福祉士の国家試験はどんなもの?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

社会福祉士は、ご高齢者や障害を持った方、また生活困窮者に対して、円滑に日常生活を送ることができるように様々なアドバイス、指導をし、その相談を請ける仕事になります。

社会福祉士は国家資格です。

今年度の試験は既に終了し、次回第21回試験は平成21年1月下旬が予定されています。

スポンサーリンク

受験地は、全国19箇所、北海道、青森県、宮城県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、愛知県、京都府、大坂府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、鹿児島及び沖縄県、で行われます。

試験科目は、社会福祉言論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論、心理学、社会学、法学、医学一般、老人福祉論、障害者福祉論、児童福祉論、社会福祉援助技術及び介護概論というものです。

受験資格は、4年制大学で指定科目を修めて卒業した者、3年制又は3年制短期大学等で指定科目を修めて卒業し指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した方、社会福祉士短期養成施設(6ヶ月以上)を卒業した方、社会福祉士一般養成施設(1年以上)卒業した方、児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司及び福祉指導主事であった期間が5年以上ある方、というものです。

受験資格は11,100円、合格発表は3月末です。

これらの受験概要は財団法人社会福祉振興・試験センターに掲載されています。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク