社会福祉士ってどんな仕事?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

社会福祉士とはどのような仕事なのでしょう。

福祉、医療といった分野に関わったという人でなければ、馴染みのないものかもしれませんね。

社会福祉士というのは、ご高齢者や生活困窮者、また窓外を持った方々が円滑な日常生活を送ることができるように、相談にのり、アドバイスをするという仕事です。

福祉に監視の相談にのったり、その方が直面している困難について助言を行うという仕事になります。

スポンサーリンク

特別養護老人ホームや、老人保健施設、デイサービスセンターといった所ではたらきます。

この社会福祉士の資格は、介護福祉士や精神保健福祉士と同じ国家資格になります。

業務独占の資格ではなく名称独占の資格というものです。

このような仕事は、社会福祉士の資格を持っていなくてはできない、という資格ではありません。

ですが、国家資格を持っているということは、社会福祉士としての専門知識、技術を備えた人ということになります。

やはり、資格のない方よりも、ノウハウをしっかり持った人に就業して欲しい、という所が多いのは言うまでもありません。

これからさらに高齢化の進む日本で、重要な位置にあるのが、社会福祉士という仕事です。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク