「言語聴覚士の資格」カテゴリーアーカイブ

言語聴覚士についての口コミと評判。言語聴覚士の仕事内容、資格取得のための専門学校や国家試験情報、言語聴覚士の派遣の話、気になる給与や求人情報を紹介。

言語聴覚士になられた方が学校で何を学んだか

言語聴覚士になられた方が、学校で何を学んだかというのを、読んだことがあります。

大学で言語聴覚士になるための知識を学んだ方は、友人と交流することで、他の学科との交流を持つことができ、言語聴覚士以外の知識も深めることができた、と書かれていました。

またある方は、たくさんの友人と語らう中で、人間の考えることの違い、感じ方の違いなどをとても強く感じることができた、それが、今のコミュニケーションを作るということにつながっていると述べていました.

言語聴覚士という資格は、医療についても他の分野についても、ある程度の知識を必要としている資格です。 続きを読む 言語聴覚士になられた方が学校で何を学んだか

言語聴覚士の向き合う現実

言語聴覚士というと、リハビリ、機能回復という「治療が終わって退院していくための訓練をする」という意識が強いですよね。

でも、医療関係の職場に雇用された場合、やはり、死と向き合う職業であるといえるのです。

言語聴覚士になった方の中で、医療関係での仕事をしたいけれど、死には関係のない職業ということで言語聴覚士を選択した、という人がいました。

ですが、この方の担当患者さんが、亡くなるという事態になってしまったのです。

言語や聴覚に異常が出るというのは、脳の疾患の場合も多く、その担当された患者さんは脳腫瘍でした。 続きを読む 言語聴覚士の向き合う現実

言語聴覚士の学校は?

言語聴覚士になるためには、専門の学校で言語聴覚士になるための専門教育を受けることが必要になります。

医療関連のこと、また福祉や精神分野のことなど、幅広い知識を必要とし、またコミュニケーション能力も学ぶことが必要になります。

言語聴覚士は、言語・聴覚・嚥下という部分に障害をもつ方々の病態について原因を検査などによって調査し、リハビリなどを行って、機能回復できるようにする仕事です。

専門学校では、3年間のカリキュラムでこれらの専門的知識や技術などを学んでいきます。

老人医療やリハビリ、福祉といった分野がこの先さらに需要があると予想されますので、将来性の高い職業となります。 続きを読む 言語聴覚士の学校は?

言語聴覚士の勤務状況は変わってきている?

今までの言語聴覚士の仕事は、難聴・言語障害といった障害をもつお子さんに対して訓練を行う、検査を行うという「教育」という分野での雇用が多かったようです。

養護学校などですね。

最近の調査では、心身障害施設、保健福祉施設、医療機関のリハビリ施設、などが多くなっています。

これを見ると、福祉関係が非常に多くなっていることがわかりますね。

もちろん、医療機関の耳鼻科やリハビリといった部分への雇用もあります。

医療関係の仕事の中では比較的、残業などが少ない業種といえるようです。 続きを読む 言語聴覚士の勤務状況は変わってきている?

言語聴覚士のチーム医療って何?

言語聴覚士が訓練を行う場合、多くの医療関係者とチームを組むことで、よりお互いの分野に役立つ面を引き出すことができます。

見えていない部分が見えてきたり、ああ、こういう方法もあるのだということがわかったりするようです。

失語症の場合、言葉が出ない、という状態です。

この原因が脳にあるという場合には、脳神経外科医、看護師、神経内科、理学療法士、作業療法士、そして言語聴覚士でチームを組み、その訓練、治療を行うことになります。

脳神経外科医は、脳の部分の治療を、看護師はその補佐をしますね。 続きを読む 言語聴覚士のチーム医療って何?