「視能訓練士の資格」カテゴリーアーカイブ

視能訓練士についての口コミと評判。視能訓練士の仕事内容、資格取得のための専門学校や国家試験情報、視能訓練士の派遣の話、気になる給与や求人情報を紹介。

視能訓練士と子供たち

最近眼鏡をかけたお子さんを見かけることが多くなったと思いませんか?

私の周りでも、小学校低学年のお子さんが、かなり眼鏡をかけています。

この視力の悪い子供たちに必要なのが、視能訓練士さんたちの力ですよね。

でも、この国家資格所有者、少ないのです。

それもそのはずです。視能訓練士という資格自体が、関わった人以外、あまり知らないのですから。

視能訓練士がお子さんに対して検査や訓練を行うというと、視力検査、視野検査、眼底カメラ撮影、超音波検査、矯正視力の度を合わせる、弱視、斜視の訓練などになります。 続きを読む 視能訓練士と子供たち

視能訓練士と高齢化社会

視能訓練士も言語聴覚士も、今かなりご高齢者と対峙することが多いのではないか?と思います。

日本は高齢化大国。世界でもベスト5に入るくらいの高齢化国家です。

福祉施設や老人施設の建設も急がれるところですが、そのご高齢者を支える医療関係者の人材育成も、急がれるところではないでしょうか。

福祉関係者などにスポットが当たっていますが、それ以外、リハビリなどの分野にもスポットを当てて欲しいと思います。

高齢化社会と視能訓練士がなぜ、結びつくのか?というと、高齢化になればなるほど、目の疾患が増加するからです。 続きを読む 視能訓練士と高齢化社会

視能訓練士にお世話になった日

成人してからになりますが、バイクで事故をおこしまして、そのとき怪我はたいしたことはなかったのですが、眼鏡が割れてまぶたに刺さってしまったのです。

そのときの視界の怖かったこと。

世間が赤い、目というのは見えにくくなったりすると気分まで悪くなるのでしょうか。

本当に気持ちが悪くてふらふらした事を覚えています。

眼球にうっすら当たったのか一時的に視力が落ちてしまって、視能訓練士さんを知ることとなりました。 続きを読む 視能訓練士にお世話になった日

視能訓練士になるための学校

視能訓練士になる為の学校は全国にありますが、数はそれほど多くありません。

大学では6校、国際医療福祉大学保健学部(視機能両方学科)、帝京大学医療技術学部(視能矯正学科)、北里大学医療衛生学部(リハビリテーション学科視覚機能療法学専攻)、愛知淑徳大学医療福祉学部(医療貢献学科視覚科学)川崎医療福祉大学医療技術学部(感覚矯正学科視能強制選考)、九州保健福祉大学保険科学部(視機能療法学科)以上が大学になります。

他、専門学校が東日本地域で7校、西日本地域で8校あります。

日中の学校も、夜間の学校もあります。 続きを読む 視能訓練士になるための学校

視能訓練士のチーム医療

眼の病気は、目だけの問題ではない、という場合が少なくありません。

目は、脳に非常に近く、神経の問題もありますし、血液の状態が関係する場合もあります。

特に糖尿病で網膜はく離を引き起こす場合があることは、よく知られていますよね。

体のどこかに病変があると、その合併症という形で眼病が起こります。

物貰いや白内障といった目特有の眼病以外に、このような合併症による失明や眼病が、かなり多いのです。

脳腫瘍や脳に血の塊ができたなどという場合でも、視神経に近かった場合、目の障害になってしまいます。 続きを読む 視能訓練士のチーム医療