HOME >> ケアマネージャー

ケアマネージャー

ケアマネージャーとは、介護保険制度において要支援、又は要介護と認定された人々が適切な支援を受けられるよう、その人その人に合ったケアプラン(サービス計画)を作成する専門職のことをいいます。

ケアマネージャーの正式名称は「介護支援専門員」といい、この資格を取るためには介護支援専門員実務研修というものを受講する必要があります。

しかしこの研修を受講するには、介護支援専門員実務研修受講試験というものに合格しなくてはなりません。

この試験を受けるには、医療・福祉関係においての豊富な経験を持っている必要があります。

簡単に説明すると、医療や福祉における資格を所持していて、なおかつ5年以上の実務経験がある人が受験できるようです。

スポンサーリンク

この介護支援専門員実務研修受講試験の合格率、実はものすごく低いのです。

だいたい平均して約3割程度の人しか合格することが出来ず、更にはこの合格率も年々減少傾向にあるのです。

徐々に難易度が高まってきているようですね。

無事に合格した後は、介護支援専門員実務研修を受講、そして修了してそこで初めてケアマネージャーの資格を手に入れることが出来ます。

学習スタイルとしては、学校に通う人もいますし、独学で試験合格を目指す人もいるようです。

ケアマネージャーという資格の特徴は、実務経験が必須要件であるところでしょう。

とはいえ、合格することが出来、そしてケアマネージャーの資格へと辿りつくことが出来た際には、そこから長い目で見てじっくりと専門性を高めていける職業だと思います。

詳しくは日本介護支援専門員協会のページからご覧になってみて下さいね。

医療・福祉・介護の仕事