臨床検査技師になるために学校に行きたい!

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

臨床検査技師になるためには専門的な知識や技術、といったものが必要になります。

この知識や技術を学習するための学校が全国にあります。

臨床検査技師の学校は、専門学校、大学、と色々ありますが、短期大学、大学も難易度が高い、というところが多いようです。

大学についていいますと、その7割が国公立系の大学となっていますので、自然と難易度が高くなってきますよね。

スポンサーリンク

私立の養成校に関しては、難易度としては様々、となっていますが、その入学する要請校によっては、臨床検査技師の国家試験合格率も変ってきますので、こういった面もしっかり考えて、どの学校に進学するのか、を決めていったほうがいいと思いますね。

臨床検査技師の学校では、様々な検査に必要な知識、また医学知識を学びます。

検査機器を扱う仕事になりますので、技術も必要になってきます。

また、医学を志すもの、という一人の人間として、人間性豊かな気持ちを持つことも、この学校によって学ぶことになるでしょう。

福祉や保健といったこれからの日本で必要な知識もしっかりと学ぶために、厚生労働省によって指定規則が定められています。

全部で93単位以上。この単位を修了しなをかつ、臨床検査技師になるための臨床実習を7単位取得する、という義務があります。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク