臨床検査技師の資格って?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

臨床検査技師は、臨床検査技師国家試験、を受験し、これに合格、そして免許を申請する必要があります。

この臨床検査技師の国家試験には、受験資格というものがあります。この受験資格を満たすことが出来ない方は、受験することができません。

受験資格は臨床検査に関わる短期大学(3年制)、専門学校(3年制)、大学(4年制 医学部臨床検査技術学科及び医療衛生学部、また保健学部など)を修業する、もしくは、卒業する、という方に与えられます。

スポンサーリンク

臨床検査技師などを目指す医学系の学生さんたちの細菌の傾向として、4年制大学を選択しさらに大学院への希望を持っている方が多くなっています。

より専門的な知識を得たい、という意識のあらわれでしょうか。

いずれにしても、臨床検査技師は、高い知識を必要とする国家資格になります。

ただ、この資格を持っていないと、この業務が出来ない、という業務独占の資格ではありません。

臨床検査技師の場合は、医師の指示の元、採決などを出来ますが、それ以外の検査については無資格者でもいいとされています。

ですが、大学病院や他の病院等でも、臨床検査技師を設置して知識と技術に基づいた検査をという思いが強く、多くは臨床検査技師の資格者になっています。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク