臨床検査技師の仕事はどんな仕事?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

臨床検査技師という言葉、あまり耳慣れないでしょうか?

最近は病院に配置されている場合が多いので、聞く機会も多いのでは?と思いますが、私たちにとって、非常に大切な検査を行ってくれるのが、臨床検査技師の方なのです。

臨床検査技師の仕事は血液や尿などを検査して、患者さんの体のデータとして、医師に伝えます。

これは非常に重要なデータとなります。

スポンサーリンク

医師が、その患者さんの病気の診断、その先の治療方針を決定する上で重要なものとなります。

微生物学的検査では、血液や尿、便、たんなどの検体から、細菌やウイルスが潜んでいないか、という検査を行います。

また生化学検査では、試薬を加えその変化によって病気が潜んでいないかを調べます。

ほかにも心電図や超音波、脳波検査、呼吸器官の検査などの生理学的検査も行わいます。

臨床検査技師は、この検査を行う検査機器を使いこなすことが出来なくてはなりません。

日々、進化する機械を使いこなす技術と専門的知識が必要になります。

私たち、病院にかかる側の人間にとって、この検査が適正に行われていることが、病気から体を守ることにつながっていくのです。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク