介護福祉士の資格はどんなもの?

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

介護福祉士の資格は、国家資格です。

精神保健福祉士や社会福祉士も、国家資格となりますね。

介護職では唯一の国家資格となります。

介護福祉士の仕事は、この資格を持っていないと、仕事をすることが出来ない、というような資格ではありません。

ですが、この資格を持っていることで、パートやアルバイト、ということではなく、常勤や正社員としての雇用が多いという面があります。

スポンサーリンク

日常生活すら円滑に行うことが出来ず、悩みを持っておられるご高齢者、またご家族が沢山いらっしゃいます。

もっといい介護をしてあげたい、と思っていても、専門知識のない状態では、なかなか良い介護というのは、難しいものです。

そんな方々の力になり、支える、という体験尊い仕事が、この介護福祉士だと思います。

少子高齢化、これは、日本の大問題となっていますが、高齢化を支えるためには、沢山の福祉関係者が必要となります。

そしてその中でも、介護についての専門知識を持っている介護福祉士は、需要の高くなっている仕事といえます。

資格があるとないとでは、これからの日本は大きな差が出ると思います。

何事にも資格は自分の味方になってくれます。

もし、介護ということに興味があるのなら、こういった介護福祉士の資格にチャレンジしてみるのも、いいと思います。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク