介護福祉士の仕事は大切です

 にほんブログ村 資格ブログ 医療・福祉系資格へ

介護福祉士というのは、自分で生活をするのが困難、という寝たきりや障害をもったご高齢者、また怪我や病気などによって、体や精神に障害を持った方々に生活の介助を行うという、専門のお仕事となります。

専門の知識や技術を必要する国家資格となります。

体に障害をもった方に、排泄や食事の介助、入浴の介助、といった生活全般に関連する介助を行います。

またご高齢者や体に障害を持った方々の悩みを聞き、相談にのります。

より、その方が望む、また必要とする日常生活が出来るように、支援・介助する仕事になります。

スポンサーリンク

さらに、ご高齢の方、また体に障害を持っている方々のご家族も深い悩みを抱えていらっしゃいます。

介護にかかる費用、また施設などに入れる、といったことを考えなくてはなりません。

介護についてもある程度の知識を必要とします。

こうしたご家族の相談にのり、また介護についての知識や技術など、必要なことをご家族に伝え、ご家族が介護を行いやすいように、生活できるすべを、少しでも伝える、という仕事になります。

介護、医療という問題は、これからさらに大きくなる問題だと思います。

介護者、要介護者が、お互いによりよい生活が出来るように、支援していかなければなりません。

関連記事(一部広告含む):

スポンサードリンク